横浜で包茎手術を受けたボクの体験記

包茎手術のためのおすすめクリニック【横浜版】 » 包皮が被ることによる弊害 » 性病のリスクはあるのか?

性病のリスクはあるのか?

そのまま不衛生にしていると…

性病って、なんか卑猥な印象がありませんか?思い込みかもしれませんが、ヤ○チンが勝手にかかるみたいな…

でも、驚くなかれ。童貞の人だって、性病にはかかるのです。ボクのかかった包皮炎だって、立派な性病。ショックでしたが、せっかくでしたので以前行った病院で詳しく教えてもらいました。

やっぱりほとんどの原因は、洗わずに放置しておくなど、不衛生にしていること、ということでした。

そうして、知らないうちに病気となる例もよくあるそうです。さぞ驚くことでしょう、心当たりもないのに、「性病」と言われてしまうのですから。

包茎の人がかかる代表的な性病は

まず、最もポピュラーなのが亀頭包皮炎ですが、併せて発症しやすいのが、尿路感染症です。亀頭にはじまった炎症が、やがて尿路へ感染が広がり、おしっこをする度に痛みを生じるようになります。亀頭周辺の炎症は、すぐに尿道などよりやっかいな部位に広がる、ということを覚えていてください。

次に多く聞かれるのが、(性器)ヘルペス。小さな水泡がたくさん出来るのが特徴です。写真で見ましたが、見るのもためらわれます。実はほとんどの包茎の方が、大かれ少なかれこの病にかかっているそうで、症状も人によって異なります。これは性器が痛くなるだけでなく、頭痛がしたりなどの症状が特徴です。

もう一つ、イボイボが発生するウイルス性の尖圭(せんけい)コンジロ-ムもよく聞かれる症状です。イボイボ、ブツブツ自体は病気として大したことはないそうですが、これが原因で細菌の発生を誘発し、別の病気へとつながる事態もよくあるそうです。いずれにせよ、軽視してはいけません。

性病とよく混同されてしまうものに、フォアダイスと呼ばれるものがあります。これは亀頭の周辺に白い脂肪粒が発生する状態ですが、極端な言い方をすればニキビと同様のものです。そのため別段心配する必要はありません。ただし、これらの判断は微妙なため、必ず専門医に聞くようにするといいでしょう。相手は医師ですから、恥ずかしがることはありません。

その他にも

これらの他にも、淋菌性尿道炎、毛ジラミ症、クラミジア性尿道炎など、激痛を伴う病気もよく聞くものです。

さらに、見た目からは非常にわかりにくく、包茎診断を依頼して初めて気づくというケースの症状も多いそうです。とにもかくにも、性病予防は衛生的にしておく、これに尽きますね。

誤解のないように言っておきますが、包茎=性病にかかりやすい、というわけではなく、包茎により普段露出していない亀頭や内板が刺激に弱く、ちょっとしたことで感染してしまうリスクが高い、ということです。

 
ページの先頭へ