横浜で包茎手術を受けたボクの体験記

包茎手術のためのおすすめクリニック【横浜版】 » 包茎手術の種類とは » 根部切除

根部切除

この方法は、仮性包茎の方にとって最もベストな方法なのだそうです。

余分な皮を根元部分で切り取る包茎手術

陰部の根元付近を切断し、縫合をするので、微妙な皮のあまりに対する手法として優れているのが特徴です。余った皮を切断する事が包茎治療において最も重要なので、調整がしやすいということでも医師に進められるケースが多い手術。

縫合後が目立たないのがメリット

この方法の最大のメリットは、縫合後の跡が目立たないということです。根元から皮を切断をす量は、個人の陰部の形状と医師の判断によりますが、基本的に陰毛に隠れるよう見ないように配慮してくれます。
手術の仕上がりを、かなり気にされるという方にはオススメの方法です。
また、亀頭部分の性感帯を取り除くこともないので、性感度が変わるという不安もありません。

真性包茎やカントン包茎にはNG

この手術方法に関してのデメリットは、ペニスの根元にメスを入れるため、術後にペニスがグラグラと安定が悪くなるということもあるそうです。
それに、この方法は真性包茎やカントン包茎の場合には、この手術自体がデメリットにも成りかねません。
簡単にいうと、これらの症状の方にはほとんど効果が得られないということが多いのです。
その理由は、カントン包茎の場合は皮を剥く事が困難。真性包茎は、皮の量が多くなりすぎなためだからです。

術後ケアとしては、直接何かに接触をする部位ではないため、神経質になる必要はないようですし、接着に関しても、比較的短く済むということです。

 
ページの先頭へ